モゲチェック 住宅ローン

モゲチェック・プラザ


住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)
モゲチェック・プラザ

モゲチェック 住宅ローン 評判

モゲチェック 住宅ローン 評判

 

多くのメディアや各種マスコミにも取り上げられ注目を集めている、

 

話題の住宅ローン借り換えモゲチェックの評判です。

 

モゲチェック・プラザの住宅ローン借り換え無料相談で安くなります!

 

手数料は成功報酬型で、20万円の相談料がかかるものの、その結果、平均でなんと480万円お得なサービスです。

 

モゲチェック・プラザは、最先端の分析ツールを使って、専門家がベストな住宅ローンを選択してくれるという

 

徹底したサービスを展開しています!

 

モゲチェック・プラザの概要

 

借り換えによる、支払削減額 平均480万円を削減(過去最大は2200万円)
比較対象の銀行数 約120銀行
比較対象の住宅ローン数 1000本以上
アフターサービス 毎月のレポートで、再借り換えもフォロ―

コンサルタント料
(最初の相談は無料)

・借り換え(成功報酬)は、金利削減額の10%。下限25万円、上限50万円(税別)
・新規借入(成功報酬)は、元本の1%、下限25万円(税別)

 

モゲチェック 住宅ローンのポイント

 

電話での住宅ローン相談サービスを展開。

 

相談に応じるコンサルタントは全員、銀行・金融機関でローン業務を担当していた経験があり、

 

適切なアドバイスを提供できます。

 

公式サイト国内最低水準金利0.5%台を保証!モゲチェック・プラザ

 

 

目次

 

モゲチェック 住宅ローンの料金

 モゲチェック 住宅ローンの料金

 

金利削減額の10%の成功報酬制です!

 

コンサルティングサービスの料金は、借り換えによる金利削減額の10%です。

 

但し下限25万円、上限50万円(税別)です。

 

借り換え先金融機関から審査承認を得た場合にお支払い頂く成功報酬制です。

 

電話による無料診断

 

モーゲージスペシャリストによる無料診断3つのポイント

 

借り換えにより、どれだけ月々の返済額が減らせるか

 

借り換えにより、どれだけ金利支払いを削減できるか

 

借り換えにより、どれだけ充実した団体信用生命保険に入れるか

 

モゲチェック・プラザ 案内

モゲチェック・プラザ 案内

 

今まさにマイナス金利時代、モゲチェック・プラザで

 

住宅ローンを借り換えるチャンスです!

 

モゲチェック・プラザは成功報酬型のコンサルティングで話題のサービスです!

 

プロフェッショナルが無料診断で住宅ローンの借り換えをサポートしてくれます。

 

住宅ローンの借り換えを今すぐにチェックしてみましょう!

 

3秒で結果を知ることができるのです。

 

金利を払いすぎていないかどうか、今すぐチェックできます。

 

公式サイト国内最低水準金利0.5%台を保証!モゲチェック・プラザ

 

モゲチェックプラザもご覧下さい。

 

モゲチェック 危険もご覧下さい。

 

モゲチェック 評判もご覧下さい。

 

モゲチェック うわさもご覧下さい。

 

モゲチェックプラザ 横浜もご覧下さい。

 

モゲチェックプラザ 新宿もご覧下さい。

 

モゲチェックプラザ 銀座もご覧下さい。

 

モゲチェック アプリもご覧下さい。

 

モゲチェックとはもご覧下さい。

 

モゲチェックwebもご覧下さい。

 

モゲチェック・プラザの良い点

 モゲチェック・プラザの良い点

 

最も条件の良い住宅ローンを全国の120銀行から選択してくれます!

 

申し込みに関する複雑な手続きなどをサポートしてくれます!

 

借り換えが完了しても再度のチャンスがあれば教えてくれます!

 

全国からの申し込みに対応しています!

 

モゲチェック・プラザの悪い点

 

25万円から50万円の費用が発生します。

 

金利の削減額に対して支払いが生じます。

 

料金は高いかもしれませんが、100万円から1000万円単位での返済額削減になれば納得できます。

 

モゲチェックプラザ 住宅ローン 評判

 モゲチェックプラザ 住宅ローン 評判

 

住宅ローン取扱額100億円突破、住宅ローン対比サービス「モゲチェック」

 

運営のMFSが不動産企業との連動による新構想を公表

 

住宅ローンの対比や借金、借り換えのコンサルティングをビジネスとするMFSは1月17日、都内で開催した

 

記者会見にて、折衝窓口「モゲチェック・プラザ」での住宅ローン取扱額が100億円を突破した事を公表した。

 

取扱額は2016年4月から2017年12月末までにモゲチェック・プラザの有料サービスを使用し、

 

住宅ローンを新規に借金および借り換えを実施したユーザーの住宅ローン元金の合計額である。

 

累計の有料サービス活用人数は354名、フリーサービスのみの使用者を含む

 

話し合い件数は累計1910件となった。

 

質問項目11項目に答えるだけで借金できるな費用や前提を知る事が可能な

 

アプリケーション「モゲチェック」、住居情報WebページHOME’Sや懐具合簿アプリケーションzaim

 

と開発ツール協力している前もって査定サービス「モゲスコア」他にも

 

実ショップの「モゲチェック・プラザ」を運営する同社。

 

モゲチェックでの住宅ローン対比とモゲチェックプラザでのストアでの折衝により、

 

ユーザーにとってお願い借入金額を低利息で借りられる最適なクレジットの教授・申請までを担う。

 

“安価にて通りやすい”をオンラインで一発見定め日本になかった住宅ローンのサービス「モゲチェック」

 

手軽な情報入力で、貸付金査定の“合格率”を推測!

 

「一生で最上高い調達は?」と聞かれたら、解答の“筆頭”に挙がるのは

 

「家屋・不動産」ではないだろうか。

 

だからこそ、住宅ローンを設ける場合はなるべく利率を低く抑えたいのが本心だ。

 

ただし、住宅ローン選択しは手軽ではない。

 

どの金融組織の利息が最高低いか対比するのも簡単ではないし、

 

何より「貸し出し査定に通るか」は金融組織に申し込んで、結果が出るまで合点がいかない。

 

本気に書類をセットても「あっさり落ちた」なんて事例もある。

 

そのような中、住宅ローンにおいて画期的なフィンテックが登場した。

 

オンライン住宅ローンマッチングサービスの「モゲチェック」だ。

 

特筆

 

やりたい性能は2つある。

 

ひとつは、140に及ぶ全国の金融組織の住宅ローンを対比し、

 

利息及び融資手数料を踏まえて総償還額を順位する性能。

 

もうひとつは、その人が融資を受けられる確率を金融組織ごとに示す「推定融資確率の算出」だ。

 

これらをオンラインで即座に見る事が可能なのです。

 

年収や職種/業種など、造作なくな個人情報を11項目入れた上で、

 

「4000万円の貸し出しを35年で借りる」などの要件を入れる。

 

すると、総償還額の低い順に順位が表示されたり、「○○銀行:80%」など、

 

クレジット査定に通る推定融資確率が表示されたりする。

 

これを見て、大まかな償還額や「融資を受けられそうな金融機構が

 

どれだけあるか」を印象可能。

 

「住宅ローンの対比は困難に、深く汲み取るしないまま契約する場合や、

 

一層返金額を少なく可能なのに途中で借り換えない時を多々見てきました。

 

加えて、金融組織が如何なる規格で貸付金査定を行っているかは公開されておらず、

 

ユーザーが他人と査定結果を共有する事も少ないので、査定に通るか如何にかの

 

判断基準もないのでした。

 

それらを落着すべく作ったのがモゲチェックです」そう話すのは、

 

このサービスを用意するMFS代表の中山田明氏。

 

住宅ローン業界に携わってきた彼は、外国には住宅ローンのスペシャリストがおり、

 

金融機構や不動産エキスパートとは別に利息が低い貸付金の新規借金や

 

借り換えの解説をする姿を見てきた。

 

一方、日本にはその立ち位置の人がいない事を質問に感じたという。

 

そんな訳で、最適なクレジット探しを補助するオンラインサービスを考慮したそうだ。

 

なぜ推定融資確率を出せるのか。

 

裏にあるデータ対比のカラクリ引っかかるのは、順位や推定融資確率を数値化する体系だ。

 

前者は、各金融機構の出す貸付金情報を網羅する事で試算可能なという。

 

問題は後者。

 

金融機構が公開していない情報を、なぜ数値化可能なのか。

 

「元来は弊社では、個人情報11項目からクレジット査定のカギとなるユーザーの

 

信用力を測る『モゲスコア』を2017年1月に製作していました。

 

加えて、私たちは実のところにユーザーがクレジット契約を結ぶまでの媒介業務もしているので、

 

その中でモゲスコアと各金融組織の査定結果を対比。

 

データをためつつ、金融組織ごとの査定性質を分析して数値化しました」

 

モゲチェックは、オンラインで総償還額や融資確率を調査しられるだけでなく、

 

デフォルトエキスパートの折衝員に貸し出しエントリーの作業を任せられる。

 

この中で各ユーザーの査定結果をため、反映していった。

 

断っておきますが一例だが、例を挙げると

 

借入額4000万円、30年返金の貸付金で検索すると、

 

オンライン系の金融組織が70%以上の高い推定融資確率を示す。

 

ただし、5000万円以上に上げていくと、徐々にオンライン系が減っていく。

 

こういった性質を知る事が可能なのだ。

 

「クレジット査定の中身は公開されていないため、一般の人たちは

 

信用スコアを上げる手法が分からなかったり、賢明な貸付金選択ができず、

 

生涯設計に影響を及ぼしたりしてしまう時があります。

 

そこを決着して、多くの人がフェアに貸し出しを借りられる世の中にやりたいですね」

 

実際は、マイナス利息方針の影響もあり、クレジットを借り換えると

 

返金額が少なくなる場合も滅多にない。

 

それにもかかわらず、査定の煩雑さや貸し出し試算の理解いただけにくさで、

 

借り換えをしない人が多々ある。

 

そこを「一層促進していきたい」と中山田氏は言う。

 

なお今後は、モゲチェックを住居ポータルサイトとリンクさせて、

 

住処を探しつつ貸付金情報を見極め可能なような形も見据えている。

 

「平均寿命は延び、キャリアを退く年齢も上がるなど、

 

シニアの一生設計は現在までと変化しつつあります。

 

となると、住宅ローンのあり方もまさしく実際が大きな転換期。

 

その中で、私たちのサービスが皆様をアフターケア支障がなければと考えます」ややこしく、

 

簡単ではない印象の住宅ローン。

 

「家屋を買う」という大きな意思決定の前に立ちはだかる“ジレンマ”を、

 

モゲチェックというサービスがやさしく決着していく。

 

公式サイト住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

 

ページのトップへ

 

モゲチェック・プラザ

PR