モゲチェック 住宅ローン

モゲチェック・プラザ


住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)
モゲチェック・プラザ

モゲチェックとは

モゲチェックとは

 

個人の信用スコア分析知識と不動産情報を協力させた

 

住宅ローンプラットフォーム構想「モゲチェックPLUS」を製作・展開!

 

不動産法人と提携し、18年7月に用意開始住宅ローンのローンが

 

技術によってパフォーマンス的に!

 

フィンテックを応用した住宅ローンコンサルティングサービスを用意する株式会社MFS

 

(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO中山田 明、以下「MFS」)は、

 

本日住宅ローン借り換えツール「モゲチェック」をリニューアルし、

 

個人の信用スコアを分析して全国140金融機構の融資確率を推定する働きを付け足ししました。

 

そして、不動産企業と提携し、融資確率の推定性能を実装したモゲ

 

参考にと不動産情報を協力させる事てオンライン上て最適な住宅ローンか選へる

 

住宅ローンフラットフォーム「モゲチェックPLUS」(モゲチェックプラス)を製作予定です。

 

そのプラットフォーム製作のための戦略的パートナーとして、本日ケイアイスター不動産株式会社

 

(本社:埼玉県本庄市、代表取締役 塙圭二、以下「ケイアイスター不動産」)と業務提携しました。

 

本提携により、ケイアイスター不動産の物件購買ユーザーに反対に

 

モゲチェックPLUSのサービスを2018年7月から開始する予定です。

 

融資確率の推定性能について 

 

金融機構にエントリーする前に住宅ローンローンの一般的な要件が想定可能な、

 

ユーザーの信用力を客観的に測る規格(信用スコア)「モゲスコア」を2017年1月に製作しました。

 

このたび、このパフォーマンスを更にパワーアップさせて全国140金融組織の融資確率を

 

個別に推定可能なパフォーマンスをモゲチェックに本日付け足ししました。

 

これにより、ユーザーは査定に通る見込みが高い金融組織から借入要件が

 

よいクレジットを選りすぐる事ができるとなります。

 

住宅ローンプラットフォーム「モゲチェックPLUS」について 

 

ここの所、利息競争によって住宅ローンの採算性が低下し、

 

住宅ローン提供から撤退する一流企業金融組織も出てくるなど、

 

住宅ローン提供のパフォーマンス化が金融機構の経営問題となっています。

 

しかも、住処調達予定者の中には、オンラインで住宅ローンが手軽に対比可能なため、

 

不動産企業が斡旋する貸し出しではなく幅広く住宅ローンを対比した上で

 

ベストなものを選択したいと思いめぐらす 方も増大しつつあります。

 

こうした環境移り変わりの中、MFSはオンライン上で住宅ローンの選択、

 

エントリー及び融資後のアフターアフターケアが受けられる

 

プラットフォーム「モゲチェックPLUS」を製作する事にしました。

 

このモゲチェックPLUSでは、ユーザー情報に加えて不動産法人が保有する物件情報を

 

データ協力させる事を予定しており、住宅ローン申請のオンライン完結を目指します。

 

他にも、ユーザー・金融機構・不動産企業の3者がwin-winの関連となるよう、

 

現在までにない以下長所を用意する事を目指します。

 

【ユーザー】

 

・推定された個別金融組織の融資確率を元に全国の金融組織の中から

 

 最適な住宅ローンを選択の余地がある

 

・クレジットエントリー及び契約はオンラインで完結し、来店要らないで申込み手順が完了する

 

・融資後のアフターバックアップ(最適な借り換え先の導きなど)が受けられる

 

【金融機構】

 

・住宅ローンの集客及び提供をMFSにアウトソースでき、住宅ローン提供支出を削減可能

 

【不動産法人】

 

・住宅ローンの助言やエントリー申込み手順をMFSにアウトソースでき、住宅ローン事務から解放される

 

そして、プラットフォーム構想の戦略的パートナーとして、本日ケイアイスター不動産と業務提携しました。

 

また、ケイアイスター不動産の物件調達ユーザーにそれに対しモゲチェックPLUSのサービスを

 

2018年7月から開始する予定です。

 

この提携を契機に、フィンテックを応用した不動産提供時の

 

住宅ローンファイナンスパフォーマンス化を推進していきます。

 

公式サイト住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

 

モゲチェック・プラザ