モゲチェック 住宅ローン

モゲチェック・プラザ


住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)
モゲチェック・プラザ

モゲチェック 危険

モゲチェック 危険

 

モゲチェックをオンライン検索すると「危険」という文字が出てきます。

 

そんな訳で、気になってどんだけ調査しても、モゲチェックがリスキーと書かれている

 

Webページや評判は1つもないのです。

 

現在までになかった、折衝者の立場に立ってスペシャリストが助言するサービス。

 

もしかして危ういな法人なのでは?と調査している人がいるのかもしれません。

 

モゲチェックを運営するのは株式会社MFS。

 

長年住宅ローンの証券化などに携わった住宅ローンファイナンス&アナリティクスのプロフェッショナル集団です。

 

「住宅ローンを必須とする一通りの人が、最も有利な要件でローン、借り換え可能なワールドワイドの実現を

 

目指している」と宣言しています。

 

決してリスキーな企業ではなく、借りる側の立場になって

 

腹積もりてくれる最高な企業なんですね。

 

モゲチェックの口コミは?あのメディアでもトピックに!?

 

モゲチェックは、テレビでも取り上げられています。

 

徹底検証 

 

マイナス利率施策ゲスト 芳野創記者(NHK経済部)

 

この日、折衝に到来たのは40代の女子。

 

企業の同僚から住宅ローンの借り換えを勧められ、やって来たといいます。

 

全国およそ120の銀行の1,000を超える住宅ローンからお願いに合ったものを探します。

 

担当者「こちらの長所ですと、約480万円ぐらい。」

 

40代の女子「大きいですね。正直、こんなに良い面が出るとは思っていなかった。」

 

この女子は、20年近く前、千葉県にあるマンションを父親と購買し、貸付金を組みました。

 

その時の利率は、固定で4%。

 

今現在、月次の返金額は11万5,000円。

 

残り17年4か月入金続けて、およそ2,370万円を償還する予定でした。

 

助言を受けたのは、固定利息0.99%での借り換えでした。

 

この時、月次の償還額はデフォルトで、3年7か月も早く返金でき、

 

総償還額は480万円浮く事になります。

 

女子は借り換えを結論。

 

申込み手順を進めてもらう事にしました40代の女子

 

「この状況がまだ有利なうちに、決済が可能なうちに払いたい。」

 

※引用元:NHKクローズアップ現代

 

テレビだと生々しい、生々しいな評判を知る事ができますよね。

 

この他にも日本経済新聞、日経商い、フォーブス、日経トレンディ東洋経済、

 

月刊オンラインマネー他商い誌にも数多に取り上げられています。

 

メディアでは、マイナス利息ご時世にマッチしたサービスとして高評価を受けていました。

 

モゲチェックにはツールがある?如何なる事が分かるの?

 

モゲチェックのツールでは、普通にチャットボット(自動応答するロボット)のモゲタロウが扱ってします。

 

最初に、モゲチェックのアプリケーションに、折衝者が住宅ローンの情報を入力します。

 

第二にモゲタロウからの5項目の質問に解答ます。

 

これを取り合わせて、事例に基づいた借り換え良いところ額の指標を提示してくれます。

 

なお、話し合い者が最高知りたい「借り換えの総額はどんだけ?」

 

「借り換え完了までにどれぐらい時が必要になる?」などの

 

よくある質問にもモゲタロウが応対してくれます。

 

アプリケーション使用者の評判はこちら

 

いくつかの金融組織を中立に比較できるのでポイントになりますね。

 

理解いただけやすくてユーザビリティーが良い!人にも試してくれツールです。

 

1位と2位が表示がされないので対比できない。

 

いきなりユーザー登録必要で二の足を踏むと思うけど、よくまとまっている。

 

借り換えするなら必ず一度は参考にした方がいいです煩わしいなので

 

WebWebページで質問できたりしたほうが役立つかな!

 

使用して良かった、人にすすめたいという好意的な評判もありました。

 

自動返答、1位と2位が表示されないなど、真剣で借り換えを腹積もりている方には

 

わずか物足りないようです。

 

住宅ローン借り換えのとっかかりとしては良いかもしれませんね。

 

モゲチェックプラザの電話見立てなら話しが早い?

 

この低利息ご時世のうちに借り換えを完了するなら素早い決心も必須。

 

モゲチェックには、借り換えのプロモーゲージスペシャリストが応対する電話所見があります。

 

ビデオ電話で聞きたい事を、その場でもうに質問可能なのが引き寄せられる。

 

借り換えのスペシャリストが、折衝者に代わって全国120銀行から

 

最高得する構想を選択し抜いてくれます。

 

話し合いは言うまでもなくフリー。

 

成功見返りなので、話し合いしたからといって料金はとられません。

 

ベスト構想が決まれば、骨が折れるな書類申込み手順や銀行との駆け引きまで、

 

一手に引き受けてくれます。

 

やはり話し合いしても、借り換え良いところがないケースもあります。

 

その事例は、現時点ですでにパフォーマンス的なクレジットを組んでるという事が見極め可能なので、

 

これも1つの長所といえますね。

 

モゲチェック活用の整理調査してみて、超低利息ご時世に住宅ローンの借り換えを

 

比較考量しないのは大損する見込みがあると感じました。

 

事務処理の骨が折れるさをベールにして、通常支払う不可欠のない

 

金利分を銀行に払わされ続けている。

 

それに気づいたら、最初に借り換えで得になるのか調べる事がスタートです。

 

実際の住宅ローンが最適なのか心もとないな方は、モゲチェックのモーゲージスペシャリストに折衝してみては?

 

公式サイト住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

 

モゲチェック・プラザ